浴室・お風呂のリフォームを提案する江戸川区の都市工房

江戸川区のリフォームは都市工房:浴室・風呂のリフォームが得意です! の トップページへ戻る


今回は、葛飾区の木造住宅の耐震診断、耐震改修のリフォームに対する助成金制度についてご紹介します。
※2018年4月13日時点の葛飾区の[木造住宅の耐震助成制度]のページを参考としております。
 現在の条件と異なる場合がございます。

申請の受付期限

平成31年1月18日(金)
※期限に間に合わない場合には個別相談、なお耐震診断助成には受付期限なし

助成金額

耐震診断:最大6.5万円 ※耐震診断にかかる費用の全額
改修設計:最大20万円 ※耐震改修設計にかかる費用の2/3
改修工事:最大160万円 ※耐震改修工事にかかる費用の2/3


各助成の要件

(既存建物の要件)
①葛飾区内にあること
②木造で、2階建て以下であること(助成対象は在来軸組工法のみ)
③主要用途が住宅、長屋又は共同住宅であること
 (店舗等併用住宅の場合、住宅部分の面積が1/3以上)
④過去に同じ要綱上の助成を受けていないこと
⑤昭和56年(1981年)5月31日以前に建築されたものであること
⑥耐震診断の結果、構造評点が1.0未満であること
⑦建物から敷地(道路)境界線までの距離について、4m(平屋建ては2m)より狭い部分があること
⑧敷地が建築基準法の道路等に2m以上接していること
⑨道路整備・区画整理・密集事業など、都市計画事業等による補償を受けていないこと
 (切取り補償の場合、助成対象となる場合有)
すまいに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフがあなたと一緒にすまいを考えます。
03-6638-6016 お問い合わせ

あなたのお宅は、もしかしたら空き巣に狙われやすい間取りになっているかもしれません。

狙われやすい間取りとは?

建物に近づきやすいつくりはNG
ポストなど、家人以外が近づく場所は建物から離して設置するようにすると良いようです。
ポストが建物から離れているのに、さらに近づいている人がいたら少し気になりますよね。
ですが、ドアにポストが付いている場合は、建物に近づいてもしピッキングしていたとしても、それほど怪しまれないのです。

死角となる場所の窓は小さく・防犯性を上げる
道路から見えない位置の窓やベランダは、空き巣が好む出入り口です。
なにせこじ開けようとしていても、道路の人からは見えないからです。

ですので、道路から見えない位置の窓は小さくするか、防犯性の高いシャッターなどをつけましょう。

死角をなるべく減らす
庭木などがうっそうと茂り、住宅が見えないお宅は空き巣が狙いやすいものです。
庭木は住宅が見えるように剪定するなどして、死角となる場所を減らしましょう。

道路から玄関内部が見えないように
死角がないほうがよいというお話をしてきましたが、室内の奥まで見えてしまうと、これもまた空き巣が狙いやすくなります。
玄関からリビングまで一直線の間取りというのは内部が見えやすくなってしまいます。
もし、そのような間取りの場合は、玄関とリビングの間には目隠しとなるようなパーティションなどを設置して室内が見えないようにしましょう。


大規模リフォームなどを行う際には、「防犯性能を上げる」ことも考えて、間取りを決めてみてはいかがでしょうか。
すまいに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフがあなたと一緒にすまいを考えます。
03-6638-6016 お問い合わせ

年の瀬が差し迫り、皆様お忙しく過ごしてらっしゃるのではないでしょうか。
この時期は、戸締りが甘くなっているお宅があったり、長期間お宅を空けることで空き巣の稼ぎ時でもあるといわれています。
そこで今回は、「今からでもできる」防犯策をお知らせします。

1.留守にするときにできる防犯は?

これからの時期、長期間お宅を空ける方も多いと思います。
もちろん、ドア・窓の施錠やシャッターを閉めることはもちろんですが、もう一つ、簡単な防犯策をお知らせします。
それは、近所に「○日まで旅行に行く」など、留守にすることを知らせていくことです。

留守であることを知らせておけば、もし見知らぬ人が家のまわりをうろうろしていても、怪しいと関心を持ってくれます。
声をかけてくれるかも知れませんし、侵入しようとしていたら通報してくれるかもしれないからです。

犯罪者は、見られることを極端に嫌いますので、「見知らぬ人がいる」と見てくれるだけでも、効果があります。


逆にご近所から留守のお知らせを受け、この様な不審者を見かけた場合は、「こんにちは」「こんばんは」など、簡単な声を掛けてみてください。
その際の注意としては、「留守ですよ~」なんて言わないようにしましょう。

2.空き巣から狙われにくくするには?

空き巣は、やはりリスクを犯して家に侵入してきますので、なるべく金品がありそうな家を狙います。
しかし、家の中は見ることができません。
そこで、「洗濯物」を金品がありそうな家かどうか判断する材料にしているそうです。

どのような洗濯物が狙われやすいのでしょうか?
それは、「ブランド物の下着」です。
統計的に、ブランド物の下着を持っている人のほうが、アクセサリーなどの換金しやすいものを多く持っている傾向にあるそうです。

もし、ブランド物の下着を普段から外に干していたら、これからは室内干しに切り替えましょう。

都市工房の注文住宅サイトでは、このような防犯コラムを他にも掲載しています。
もしよろしければ、ご覧ください。
都市工房注文住宅サイトの防犯コラム
すまいに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフがあなたと一緒にすまいを考えます。
03-6638-6016 お問い合わせ

マイナス金利とは?

銀行などの金融機関は、一定金額を日銀に預ける義務があります。
今までは一定金額以上日銀に預けている分については、年0.1%の利子がついていました。
2016年2月16日からの「マイナス金利」導入後は、義務量を超えた預金への金利がマイナスとなりました!
つまり、日銀に義務量を超えて預ける部分に、なんと手数料がかかるようになったということです。
銀行は日銀に預けていると手数料がかかってしまうため、資金を融資に回すようになります。
そのため、金融市場にお金が回り、結果ローンの金利が下がっていくというわけです。

住宅ローンはどうなるのか?

それでは、マイナス金利に関連して、住宅ローンの借入可能額について考えてみます。
1つの目安として「借りても大丈夫な住宅ローンの金額は年収の5倍まで」、と言われることがあります。
年収600万円の人の場合だと、借りても大丈夫な住宅ローンの金額は、3,000万円までということになります。

しかしこれは、金利が4%の時代の話です。(3000万円借りた場合の毎月返済額は132,832円)

金利が低くなった今、毎月返済額を4%の時代と同じ程度の毎月132,000円になるように、借入金額を逆算してみると、なんと年収の7倍の4,300万円となります。(金利を1.5%と仮定、返済期間35年の元利均等返済)


家づくりに昔よりお金をかけやすい状況だといえますね!
すまいに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフがあなたと一緒にすまいを考えます。
03-6638-6016 お問い合わせ

法律で義務付けられています

平成16年6月に消防法及び石油コンビナート等災害防止法の一部が改正され、住宅用火災警報器の設置が義務化されました。
現在、新築を建てる際には義務化されているため、特に気にしなくても必ず住宅用火災警報器が設置されています。
法律が改正されてから12年。それ以前に新築されている家には火災報知機が義務付けられていませんので、それ以前に建てられた建物や、お年寄りだけで住んでいる住宅は、特に対策が遅れていると言われています。

火災報知機あるから安心?

火災報知機が設置されているからと言っても、それだけで安心することはできません。
火災報知機の本体の寿命はおよそ10年。先ほどの法律が改正されてから10年以上たっています。
つまり、法律が改正されたころの住宅の火災報知機はもう取替えの時期なのです。


新しい火災報知機に取り替えたらすること

本体側面などに、油性ペンで「設置年月」を記入しましょう。

定期的にすること

動作確認をして、音を聞きましょう。
動作させるためのスイッチが付いています。多くはボタンやスイッチですので、動作させて音がなることを確認しましょう。

音がならない場合
電池がきちんとセットされているか、確認しましょう。
それでもならない場合は、電池切れか、本体の故障の可能性があります。
取扱説明書をご覧ください。



ご注意ください
火災警報器の種類によって、細かい注意点が異なります。製品に附属している取扱説明書を必ずご覧ください。
お手入れや作動確認は、高所での作業となり、転倒や落下などの危険があります。安定した足場を確保して、作業を行ってください。
捨てる際は、本体と電池を別にして捨てましょう。お住まいの各自治体が定める条例に従って廃棄してください。
すまいに関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフがあなたと一緒にすまいを考えます。
03-6638-6016 お問い合わせ