リフォームの動機 調べてみると🏠

(2020年02月26日)

住まいのどこかに不具合が生じてリフォームを考える動機になることが調査からも伺えます。

こちらの調査では、「住宅の傷みや汚れ」がリフォームの動機となっている割合が43.5%を占めています。次いで「設備の改善」と「家を長持ちさせる」が主な理由のようです。

高齢者会を反映して、バリアフリー改修や、耐震化への要望も少なからずあります。

このように、一口にリフォームと言ってもお客様の個々の要望に即した対応が事業者に求められています。

我が家を丁寧にメンテナンスして、暮らしやすい環境に長く住まうことは健康的にも最適といえます。。

表/国土交通省(H30)住宅市場動向調査より引用