台風シーズンに備えて

(2019年09月26日)

「これまで経験したことがないような」と表現される最近の台風予報。実際に多くの甚大な被害が出ています。

江戸川区のハザードマップには 『ここにいてはだめです』 との表記も話題になりましたが、かと言ってもはや、対策なくして 『ここは安全』 と言い切れる地域もありません。

第一には いのちを守る『早めの避難』 が大事です! そして大切な我が家の被害を最小限にするためにできることは 『早めの補修』 をしておくことです。

ベランダの屋根にめくれはないか、雨戸やシャッターが閉まらなくなっていないか、外壁で気になるところはないか、などチェックして補修をしておきましょう。飛来してきたもので窓ガラスが破損すると、雨が入り込むだけではなく、室内に空気が吹き込み、内圧で屋根が吹き飛ばされる要因にもなります。

ガラスの飛散防止のみならず、窓を守ることで被害を最小限にできます。またベランダの排水溝のごみ詰まりを点検し、雨水が流れるようにしおくことも雨漏りを防ぐ対策です。